高齢者支援記事一覧

長崎県内の家族信託(民事信託)に関するご相談に行政書士が無料でお答えします。新しい認知症対策・相続対策として注目を集めている家族信託(民事信託)ですが、内容を自由に設計できる分だけ、複雑さを感じる面もあることと思います。財産管理をどうするかということは生活に大きく影響しますから、そのルール作りを行う家族信託は、しくみを十分に理解した上で進めなければ返ってトラブルの元ともなります。しかし、長崎では民...

財産の凍結対策や新しい相続対策として、いま注目されているのが「家族信託」です。特に、成年後見制度を利用する場合と比較すると、以下のようなメリットがあります。・認知症が進んだ時の資産凍結を防げる・資産の活用に制限が少ない・信頼できる家族や知人に任せておける・資産活用に本人の意志が反映される・無報酬で財産管理をお願いできる・遺言書の代わりとして相続対策ができるこの家族信託について、長崎にお住まいの方向...

家族信託を活用することで、介護と相続が楽になる場合が多いようです。家族信託で介護が楽になる理由介護においては、どうしても「お金」の問題が付きまといますが、家族信託をしておけば、ご本人が認知症や心身が衰弱することがあっても、周りの家族がご本人の財産を柔軟に活用できるので満足いく介護を受けられたり、生活の質を保つことが可能です。ご本人がしっかりと財産管理ができない場合の支援として成年後見制度というもの...

「信託」の言葉の意味信託とは信用して委託すること。特に、他人に一定の目的で財産の管理や処分をさせることです。信託の種類信託の種類には、「個人向け信託」「法人向け信託」「公益・福祉のための信託」の3つがあります。そして信託の形式で分類すると、商売として信託を扱う「商事信託」と営利目的以外で信託を行なう「民事信託」の2つがあります。民事信託の方法民事信託を行う方法には、「契約信託」「遺言信託」「自己信...

認知症は早期に発見して適切に対応すれば、進行をかなり遅らせることができると言われています。ですから、ある程度の年齢になれば定期的に認知症のチェックをしておくと安心です。まずはセルフチェックで、認知症の初期症状がないかどうかを確認してみましょう。【認知症の初期症状チェック】1忘れっぽくなる今まで電話していた相手の名前を忘れる。探し物が多くなった。物の名前がなかなか出てこない。置き忘れやしまい忘れの回...

認知症が進むと、金融機関の判断により預金が引き出せなくなったり、不動産の売却や賃貸の取引が行えなくなることがあるため、資産が凍結状態になります。資産が凍結されると、介護にお金が必要なのにも関わらず、ご本人の資産からは支出できなくなります。そのためご家族の経済的負担は重くなります。また認知症になった方が主に家計を支えておられたなら、資産が凍結されることで、ご本人・配偶者・他の家族の生活が成り立たなく...

トップへ戻る