遺産相続の順位図で相続関係をしっかり確認。直系尊属は?三親等の相続は?

 

遺産相続の順位を図で説明していきます。誰が相続人になるのか、その順番は法律で明確に決まっています。
直系尊属、つまり自分の父や母はどの時点で相続人となるのか?
甥や姪など三親等にあたる親族はどんな時に相続人になるか?
このような少々複雑な相続関係は、図で確認したほうが間違いも少なくなるでしょう。
相続の順位を知っておくことは、自分や親の相続対策を考える上でも貴重な情報になります。
たとえば、介護をしてくれた嫁にいくらか財産を残したい、自分の兄弟には財産を渡したくないなど、決められた相続順位とは違う方法で遺産を渡したい場合があるとします。
このような場合には、いくつかの方法を使えば、法律上の順位に関係なく相続させることが可能です。
その方法についても解説していきます。

相続人になれる人は法律ではっきりと決まっており、これを「法定相続人」と呼びます。
「法定相続人」には二種類ありますが、それが「配偶者相続人」と「血族相続人」です。
死亡した人の配偶者は常に遺産を相続する権利があります。しかし、正式に婚姻届けを出していない内縁関係の相手は原則として相続人にはなれません。
問題なのが「血族相続人」です。これは法律で順番が決められており、先の順番の人が存在すれば後の順番の人には遺産は回ってこないことになります。
後の順位の人にとっては、先の順位の人がある意味邪魔です。ですからサスペンスドラマでは遺産争いで殺人事件が起きたりするわけです。
では、どんな人が血族相続人に含まれるのでしょうか?
まずは自分の子や孫、ひ孫が挙げられます。こうした自分より後の世代に生まれたものは「直系卑属」と呼びます。ただし養子も含まれていますから注意が必要です。次に「直系尊属」と呼ばれる自分の両親・祖父母が含まれます。やはり養父母までが含まれる点に注意しましょう。
そして最後に自分の兄弟姉妹も血族相続人に該当します。
「配偶者相続人」はどんな時も遺産を相続しますが、「血族相続人」には遺産を相続する順番があるということでした。

では、いよいよその順位を発表していきましょう!まずは1番。
これは「直系卑属」と呼ばれている子や孫やひ孫です。
法律用語では第一順位と呼ばれています。
ただし、この直系卑属の中でも順番があり、子が1番、孫が2番、ひ孫が3番となります。
子が存命なら孫は相続できず、孫が存命ならひ孫は相続できません。
第一順位の相続を図にすると、こんな感じになります。

妻が以前に亡くなっており、子が3人いる場合

相続人 : 3人の子
相続順位図
少し複雑な状況では、以下の図のようになります。

夫が亡くなり、3人の子のうちの1人は以前に亡くなっている。その子には、2人の子(被相続人の孫)がいる。

相続人 : 妻と子2人と孫2人
相続順位図

次に、順番の2番目、第2順位の相続です。
これは直系尊属である父母や祖父母が該当します。
このグループは、第一順位の直系卑属が誰一人存在しない場合に相続人となります。
死んだ家族が独身だったり、夫婦に子がいない時はこのパターンになることが多いでしょう。
これもまた直系尊属の中での順番があり、父母が優先で、父母がいない場合のみ祖父母が相続することになります。
図にすると以下の通りです。

子供がいない夫婦の夫が亡くなり、親は母親のみの場合

相続人 : 妻と母親
相続順位図

さて第三順位の相続人は自分の兄弟姉妹です。また兄弟姉妹のうち既に死んだ者がいて、その者に子がいるなら、その子も相続人となります。つまり、自分からみると三親等にあたる甥・姪です。
自分の兄弟姉妹(甥・姪)が相続人になるのは、自分に子がいない(孫・ひ孫も)、親も祖父母もいない、という状況の場合のみです。
図にしてみるとこんな感じになります。

子供のいない夫婦の妻が亡くなり、妻の父母・祖父母は既に死亡している。妻には2人の姉がいる。

相続人 : 夫と2人の姉
相続順位図

ここまで述べてきたことは全部遺言書がない場合の話となります。遺言書がない場合には遺産は相続人同士の話し合いで分けることになります。
そうするとルールが決まっていなければ、話し合いどころか大変なバトルが勃発する可能性があります。そこである程度のルールを法律で決めておきましょうというのが、この相続順位の定めなのです。
それでも揉める時は揉めますが・・・
相続順位に関係なく遺産を渡したい者がいるなら遺言書を作っておくことです。
遺言書は法定相続に優先されます。
遺言書に書いておけば、法律上は相続権のない嫁に遺産を残すことも、介護してくれた子に他の子より多く財産を残すことも可能です。
遺言書以外で相続順位に影響されずに財産を渡すには、生前に行う生前贈与や家族信託などの方法があります。

 

お問合せ・ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
お問い合わせ

 

トップへ戻る